切手は世界中で発行されていますし、最初に発行されてから年月も経っていることから膨大な種類のものがあり、中には時期や地域、しいては万国博覧会のように特別なイベントの際などにも特殊で限定の切手が発行されることもあるために、コレクションをする人は多く、稀少性の高いものに関しては高値がつくこともあります。 そんな切手ですが、売りたい場合にはその方法は複数あります。一つ目が実際に店舗に赴いて買取を依頼することです。金券ショップや、古銭を専門に扱っているところなど、切手を取り扱っている店は多くあり、店舗によっては査定に差がつくことがあるので、お店を選択する際には注意が必要になります。 二つ目が、インターネットで切手を取り扱っている買取業者に依頼することです。こちらは店舗に赴くことなく、インターネットで買取の申し込みをし、売りたい切手を梱包して郵送し、査定をしてもらった後にお金を振り込んでもらうことになります。 いずれにしても実際に売りたい価格と査定の間には差が生じる可能性があります。

  切手買取のススメ